お知らせ

  • このページには種々のお知らせを掲載しています。

  1.  学術支援関係のお知らせ→こちら
  2.  新村出記念財団,重山文庫資料のお知らせ→こちら
  3.  その他一般のお知らせ→こちら


学術支援関係のお知らせ

【令和3年度】

  • New!令和3年度の新村出賞などの受賞者→こちら
  • New!令和3年度 新村出賞などの贈呈式と学術講演会のお知らせ→こちら
  • 令和3年度 新村出賞・新村出研究奨励賞・刊行助成金ご応募・ご推薦のお願い→こちら

【令和2年度】

  • 令和2年度の新村出賞などの受賞者→こちら
  • 新村出記念財団が例年11月23日(祝)に行ってきました、新村賞等贈呈式および学術講演会は、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大のため、開催いたしません。
  • 令和2年度 新村出賞・新村出研究奨励賞・刊行助成金ご応募・ご推薦のお願い→こちら

【令和元年度(平成31年度)】

  • 令和元年度の新村出賞などの受賞者→こちら
  • 令和元年度 新村出賞などの贈呈式と学術講演会のお知らせこちら
  • 令和元年度 新村出賞・新村出研究奨励賞・刊行助成金ご応募・ご推薦のお願い→こちら

【平成30年度】

  • 平成30年度の新村出賞などの受賞者→こちら
  • 平成30年度 新村出賞などの贈呈式と学術講演会のお知らせこちら
  • 平成30年度 新村出賞・新村出研究奨励賞・刊行助成金ご応募・ご推薦のお願い→こちら

【平成29年度】

  • 平成29年度 新村出賞、新村出研究奨励賞の受賞者→こちら
  • 平成29年度 新村出賞などの贈呈式と学術講演会のお知らせこちら


新村出記念財団,重山文庫資料のお知らせ

【令和3年度】

【令和2年度】

  • 「新村出宛 書簡 発信者一覧」を更新しました。→こちら
  • 「重山文庫所蔵、新村出自筆書簡一覧」をアップしました。→こちら
  • 『一般財団法人 新村出記念財団報』34(令和2年7月)をアップしました。→こちら
    (ファイル名は「zaidanhou34.pdf」)
  • 重山文庫と資料:「新村出から寿岳章子宛書簡…年月日、種別など」を更新しました。→こちら
  • 重山文庫と資料:新村出の伊曽保物語関連自筆ノート→こちら
  • 新刊『佐新書簡』のご案内→こちら

【令和元年度(平成31年度)】

  • 『一般財団法人 新村出記念財団報』 33(令和元年7月)をアップしました →こちら
    (ファイル名は「zaidanhou33.pdf」)
  • 財団の役員名簿を更新しました(令和元年5月26日現在)→こちら
  • 電子公告のページ・貸借対照表を更新しました(平成31年3月31日現在)→こちら

【平成30年度】

  • 重山文庫と資料:重山文庫の蔵書目録を、アップしました。目次は→こちら
    貴重書」および「特殊コレクション(「イソップ関係」「南蛮キリシタン関係」「洋学関係」「聖徳太子関係」「和紙・染色」「限定本」の6分野)」です。
  • 重山文庫と資料:新村出と寿岳家の人びととの間の書簡こちら
  • 『一般財団法人 新村出記念財団報』32(平成30年7月)をアップしました→こちら
    (ファイル名は「zaidanhou32.pdf」)
  • 電子公告のページ・貸借対照表を更新しました(平成30年3月31日現在)こちら
  • 財団刊行物のご案内…『新村出全集索引』と新村出自筆『東西語法境界線概略』について、それぞれの参考画像を掲載しました。「重山文庫と資料 → 刊行物」→こちら からご覧ください。

【講師派遣】

  • 出張講義、当財団からの講師派遣について…財団ではその公益事業の一環として、近畿圏内の小学校、中学校、高等学校および非営利団体を対象に『広辞苑』と新村博士について、日本語とその歴史について、また広くことばの研究について、講師を派遣し、出張講義を行います。講義料、講義者の交通費などは不要です。講師の派遣を希望される場合は、Eメールまたは手紙で財団までご連絡ください。出張講義の講義内容については→こちら


その他一般のお知らせ

【令和3年度】

  • New!年末・年始の開館日程について…年末は12月24日(金)まで、年始は1月7日(金)より開館いたします。
  • 夏の休館日のお知らせ…8月13日(金)と16日(月)はお盆休みのため休館日とします。
  • セキュリティ強化にともなうお知らせ…これまでから新村出記念財団のホームページにアクセスしていただいた皆さまへ → こちら

【令和2年度】

  • 年末年始の予定…2020年12月は25日(金)まで開館し,28日(月)は休館します。2021年は1月4日(月)は休館、8日(金)から開館します。
  • 夏の休館日のお知らせ…8月14日(金)はお盆休みのため休館日とします。
  • 【重要】開館のお知らせ…コロナ・ウィルスによる感染拡大防止のため、4月17日以来臨時休館しておりましたが、6月15日(月)より、通常通り月曜日と金曜日(国民の祝日は休館)は開館しております。ただし、「密」を避けるためも含めて、以下お願いします。
     資料閲覧の方は、事前に対象と日時をお知らせください。見学希望の方もなるべく事前にお知らせください。財団のアドレス宛にメールをいただくか、月・金曜日に電話でご連絡ください。

【令和元年度】

  • 年末年始の予定…2019年12月は23日(月)まで開館し,27日(金)は休館します。2020年は1月6日(月)から開館します。
  • 夏の休館日のお知らせ…8月16日(金)はお盆休みのため休館日とします。12日(月)は祝日なので,休館日です。

【平成30年度】

  • 年末年始の予定…通常の開館は金曜と月曜になっていますが、12月28日(金)、1月4日(金)は休館とします。
    12月24日(月)は祝日なので休館となり、年内開館は21日(金)まで、年明けは1月7日(月)から開館となります。
  • 日本言語学会80周年記念特別公開シンポジウム「新村出初代会長から80年――言語学はいま? そしてこれから?」(11月18日)のお知らせ→こちら
  • 千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学講演会「言語学者新村出の生い立ちと学問」(11月15日)のお知らせ→こちら
  • 新しい窓へ向日庵の講演会「寿岳文章の生きた軌跡と新村出(9月29日)のお知らせ→こちら
  • 休館日のお知らせ…8月13日(月)と17日(金)はお盆休みのため休館日とします。
  • 重山文庫だより~新村出著「公孫樹の歌」~→こちら
  • 重山文庫だより~秋の色~→こちら
  • 『広辞苑 第七版』の発売
    • 1月12日発売。10年ぶりの改訂新版。
    • くわしくは→新しい窓へ
  • 「広辞苑の父」平凡が身上~孫が語る言語学者・新村出の生きざま,新村恭
    • 日本経済新聞 1月31日 → 新しい窓へこちら
    • 無料登録会員になれば,この記事の全文を読むことができます。

【平成29年度】

  • 「新村出没後50年」の記事が京都新聞に掲載。
    • 京都新聞 凡語  12月16日 → 新しい窓へこちら
  • 新刊のお知らせ…7月23日に『広辞苑はなぜ生まれたか~新村出の生きた軌跡』(新しい窓へ 世界思想社、新村恭著)が発刊。
  • 京都新聞で重山文庫の報道(5月28日)…広辞苑を感じて 編さん者・新村出ら資料、京都で公開…「広辞苑」を編さんした国語学者新村出(1876~1967年)ゆかりの文献を所蔵する京都市北区の新村出記念財団重山文庫がこのほど、広辞苑の誕生や改訂にまつわる資料を整理し、一般公開を始めた。→新しい窓へ こちら