投稿者「meisei」のアーカイブ

◆平成31年度 新村出賞・新村出研究奨励賞・刊行助成金ご応募・ご推薦のお願い

  • 当財団では、京都大学において言語研究を進めて言語学の発展に貢献され、また『広辞苑』を編纂され、それらの功績によって文化勲章を受けられた新村出博士を讃え、言語学・日本語学及びこれに関連する研究を奨励・促進するため、新村出賞、新村出研究奨励賞ならびに刊行助成金を設け、言語学・日本語学及びこれに関連する研究業績の著しい個人または研究団体に対して贈呈いたしております。
  • 本年度もそれぞれの規定に則って候補を公募いたしますので、ホームページ掲載の応募規定をご覧の上、ご応募あるいはご推薦を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 応募締切日は、本年6月30日(消印有効)です。
  • 新村出賞の応募対象となる業績は、平成29年4月1日から平成31年3月31日までに刊行されたものとします。
  • 新村出研究奨励賞の対象となる業績は平成31年3月31日以前に刊行されたものとします。
  • 応募の書式はホームページからダウンロードしてお使いください。
  • 以上ご案内、お願い申し上げます。

平成31年3月
一般財団法人 新村出記念財団

平成31年度公募規程

  • 平成31年度 新村出賞の公募規程→こちら
  • 平成31年度 新村出研究奨励賞の公募規程→こちら
  • 平成31年度 刊行助成事業の公募規定→こちら
  • 上記の「お願い」から各公募規程を一括して全体をみるには→こちら

◆平成31年度新村出賞の公募規程

  1. 授賞の対象となるものは、言語学・日本語学及びこれに関連する分野における個人又は団体の研究活動で、刊行された研究業績とする。
  2. 受賞者には本賞(賞状)及び副賞(賞金100万円)を贈呈する。
  3. 公募の候補研究業績は、選考委員会において審査の上、授賞を決定する。
  4. 審査される研究業績は、応募又は推薦によるものとする。当該業績は同時に他の賞に応募していないものに限る。なお推薦の場合は被推薦者本人の了承を得たものであることを必要とする。
  5. 審査対象となる研究業績は1件とし、平成29年4月1日から平成31年3月31日までに刊行されたものであること。
  6. 研究者の年齢および国籍は問わない。
  7. 応募・推薦に際しては、審査資料として研究業績2部と別紙様式による「研究者の略歴」(団体の場合はその団体の経歴)(様式1-1)、「主たる研究業績目録」(様式1-2)、及び応募・推薦理由書(様式1-3)を添えること。なお、「研究者の略歴」・「主たる研究業績目録」は研究者(団体の場合はその責任者)自身作成のものであること。提出された研究業績の1部は返却する。
  8. 提出の研究業績については、日本語による要約(様式自由、A4用紙使用、800字程度)をつけること。
  9. 研究奨励賞と併せて応募することはできない。
  10. 日程など
    • 応募方法:応募は郵送によるものとする。
    • 受理締切日:本年6月30日(消印有効)
    • 受賞者発表:本年11月初旬(予定)
    • 贈呈式:本年11月23日(祝) 於 御所西 京都平安ホテル
  11. 提出先:
    • 〒603-8156 京都市北区小山中溝町19
    • 一般財団法人 新村出記念財団
    • 新村出賞選考委員会事務局
    • TEL: 075-411-9100、FAX: 075-411-9101
    • E-mail: s-chozanアットcronos.ocn.ne.jp
      (「アット」を半角「@」に置き換えてください)

平成31年3月

平成31年度 新村出賞の審査資料について

◆平成31年度新村出研究奨励賞の公募規程

  1. 研究奨励賞の対象となるものは、言語学・日本語学及びこれに関連する分野における個人又は団体の研究活動とする。
  2. 新村出研究奨励賞は3件以内とし、受賞者それぞれに賞状及び研究助成金60万円を贈呈する。
  3. 公募の候補研究業績は、選考委員会において審査のうえ授賞を決定する。
  4. 審査される研究業績は、応募又は推薦によるものとする。当該業績は同時に他の賞に応募していないものに限る。なお推薦の場合は被推薦者本人の承認を得たものであることを必要とする。
  5. 応募者は、規定の書類に略歴(様式2-1)、研究の現状、将来の研究計画の概要および審査用に提出する刊行された研究業績の一覧(様式2-2)を記入し、刊行された研究業績(研究に直接関係のある著書、論文、紀要、研究発表の要旨等で平成31年3月31日以前に公表されたもの)の抜刷、写し等各2部を提出すること。抜刷などは返却しない。但し、業績中に単行本がある場合は、1部は返却する。
  6. 提出業績の用語が日本語でない場合は邦文要約(様式自由、A4用紙使用、800字程度)をつけること。
  7. 応募に際しては、研究指導者等の推薦状を添えること。(様式自由、A4用紙使用)。
  8. 研究者の年齢・国籍は問わないが、将来性のある研究者であることが望ましい。
  9. この研究助成金による研究の成果は公表し、その旨を明らかにすること。
  10. 新村出賞と併せて応募することはできない。
  11. 日程など
    • 応募方法:応募は郵送によるものとする。
    • 受理締切日:本年6月30日(消印有効)
    • 受賞者発表:本年11月初旬(予定)
    • 贈呈式:本年11月23日(祝) 於 御所西 京都平安ホテル
  12. 提出先:
    • 〒603-8156 京都市北区小山中溝町19
    • 一般財団法人 新村出記念財団
    • 新村出賞選考委員会事務局
    • TEL: 075-411-9100、FAX: 075-411-9101
    • E-mail: s-chozanアットcronos.ocn.ne.jp
      (「アット」を半角「@」に置き換えてください)

平成31年3月

平成31年度 新村出研究奨励賞の審査資料について

◆平成31年度刊行助成金の公募規定

  1. 助成の対象:言語学・日本語学の範囲で資料的な価値のあるもの、例えば、語彙論的調査結果、語彙目録、方言集、用語用字索引、方言地図、資料、資料目録、資料複製翻刻、研究者伝記資料などで、その刊行が商業的に困難と認められるもの。
  2. 対象の選定:公募により、選考委員会において審査のうえ、助成金の交付を決定する。
  3. 応募の期限:本年6月30日までに、申込書類等を財団事務局へ送るものとする。
  4. 助成額:総額は100万円を限度とする。受賞者複数の場合は等分とする。
  5. 助成の条件
    • 助成金受領後一年以内に刊行される見通しが確実であること
    • 助成申請時、原稿が整っていること
    • 助成を受けた刊行物に、当財団の助成を受けたことを明記すること
    • 刊行部数に制限はないが、財団と協議の上必要部数を財団に寄贈すること
    • 助成金の使途は、おおむね原稿最終整理、版下、製版、印刷の範囲とし、広告費、郵送料等は含めないものとすること
    • 内容を異にするものの刊行に流用しないこと。もし助成された対象の刊行が不可能になった場合には、すみやかに財団に連絡し、助成金の全部又は一部を返却すること
    • 刊行までの総費用に対して他の機関からも援助を受けることは妨げない
  6. 助成申し込みの書類要項等:
      • 申請者の略歴(様式3-1)
      • 申請者の氏名、刊行の概要、刊行の目的と意義、刊行書の内容、刊行計画、助成金を必要とする理由・助成金の使途、助成希望額等を記した申請書(様式3-2)
      • 出版予定原稿のコピー1部。出版後返却する。
      • 出版社(印刷所)等による見積書(様式3-3)
      • ※ 新村出賞・新村出研究奨励賞と併せて応募することはできません。
  7. 日程など
    • 応募方法:応募は郵送によるものとする。
    • 受理締切日:本年6月30日(消印有効)
    • 交付発表:本年11月初旬(予定)
    • 贈呈式:本年11月23日(祝) 於 御所西 京都平安ホテル
  8. 提出先:
    • 603-8156 京都市北区小山中溝町19
    • 一般財団法人 新村出記念財団
    • 新村出賞選考委員会事務局
    • TEL: 075-411-9100、FAX: 075-411-9101
    • E-mail: s-chozanアットcronos.ocn.ne.jp
      (「アット」を半角「@」に置き換えてください)

平成31年3月

平成31年度 刊行助成金の審査資料について

◆重山文庫の蔵書目録[貴重書,特殊コレクション]をアップ

本目録は重山文庫に収められた新村出博士収集の図書のうち、とくに重要なものを貴重書、特殊コレクションとして分類・収録したものです。1990年に冊子体で刊行された『重山文庫目録』(財団法人新村出記念財団編)の誤植を訂正し、また一部項目を追加してあります。

くわしくは→こちら


  • [重山文庫 蔵書目録-目次]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-序,凡例]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-貴重書]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-イソップ関係 091]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-南蛮キリシタン関係 092]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-洋学関係 093]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-聖徳太子関係 094]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-和紙・染色 095]を見る→こちら
  • [重山文庫 蔵書目録-限定本 096]を見る→こちら

◆平成30年度の新村出賞などの受賞者

平成30年度の新村出賞などの受賞者が下記のとおり決定しました。

新村出賞

該当者なし

研究奨励賞

岡村 弘樹 氏(京都大学文学部非常勤講師)

  • 「上代における動詞ミルの終止形」
    (『国語国文』84巻11号 2015年)
  • 「古代における上一段活用について」
    (『国語国文』85巻11号 2016年)
  • 「二段活用の一段化開始時期と下一段活用の成立 -単音節動詞を中心に- 」
    (『訓点語と訓点資料』138輯 2017年)

中野 遙 氏(上智大学大学院博士課程)

  • 「キリシタン版『日葡辞書』補遺篇の見出し語 -本篇との重出語について- 」
    (『上智大学国文学論集』50号 2017年)
  • 「キリシタン版『日葡辞書』の訓釈について -『落葉集』定訓との対照を中心に- 」
    (『上智大学国文学論集』51号 2018年)
  • 「キリシタン版『日葡辞書』の語釈構造について」
    (『訓点語と訓点資料』138輯 2017)

八島 純 氏(専修大学准教授)

  • Antilogophoricity and Binding Theory.(開拓社 2016年)
    “On the Apparent Unbindability of Overt Third - Person Pronouns in Japanese”
    (Natural Language and Linguistic Theory. 33. 2015)

刊行助成金

髙木 丈也 氏(慶応義塾大学総合政策学部専任講師)

  • 『中国朝鮮族の言語使用と意識』
    B5、208頁。2019年12月刊行予定

遠藤 佳那子 氏(上智大学非常勤講師)

  • 『近世後期テニヲハ論の展開と活用研究』
    A5、320頁。2019年11月刊行予定

◆日本言語学会80周年記念特別公開シンポジウム「新村出初代会長から80年――言語学はいま? そしてこれから?」

京都大学で開かれる日本言語学会第157回大会で、
日本言語学会80周年を記念しての特別公開シンポジウムが下記の趣旨で行われます。

◇どなたでも無料で自由に参加いただけるとのことですので、ご案内いたします。

日時:11月18日(日)13時20分
場所:京都大学100周年時計台記念館1階100周年記念ホール

80周年記念特別公開シンポジウム
「新村出初代会長から80年――言語学はいま?そしてこれから?」

日本言語学会が設立されたのは1938年に遡り、本年は設立80周年にあたる。初代会長は新村出先生で、1967年まで30年の長きにわたり会長の任を果たされた。在任中は戦禍や社会的変動を経験されながらも、日本言語学会の礎を築かれ、我が国の言語研究の質的向上、量的拡大に尽くされた。その後今日までの50年において、日本言語学会はいっそう発展し、言語研究は多彩な展開を遂げている。このシンポジウムでは、言語学の3つの中心的分野について、新村先生の学問を知る研究者が、創設期の研究状況を踏まえながら今日までの発展、さらには今後の展望について報告を行ったうえで、それぞれの報告についてコメンテーターおよびフロアを交えて討議を行う。

<司会>
吉田和彦(京都大学)

<題目・登壇者>
「新村出とフィールド言語学」千田俊太郎(京都大学)
コメンテーター:米田信子(大阪大学)

「新村出と歴史言語学」アダム・キャット(京都大学)
コメンテーター:小林正人(東京大学)

「新村出と言語理論」定延利之(京都大学)
コメンテーター:野田春美(神戸学院大学)

◇詳細は→新しい窓へこちら
◇大会プログラムは→新しい窓へこちら

◆千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学講演会「言語学者新村出の生い立ちと学問」

第7回千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学講演会
「言語学者新村出の生い立ちと学問」が、下記の要領で行われます。

  • 日時:2018年11月15日(木)16:10~17:40
  • 場所:千葉大学西千葉キャンパス・文学部101教室
  • 講師:新村出記念財団 新村 恭
    • 講師紹介:新村 恭(しんむら・やすし)。1947年京都市の祖父新村出の家で生まれる。名古屋で育ち、1965年東京都立大学人文学部入学。1973年同大学院史学専攻修士課程修了。岩波書店、人間文化研究機構で本づくりのしごとに携わり、2017年8月『広辞苑はなぜ生まれたか 新村出の生きた軌跡』(世界思想社)を上梓。
  • 主催:千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学研究会
    • 連絡先:菅野憲司 先生(kannoアットfaculty.chiba-u.jp)[アット→半角の@]
  • 講演要旨
    • 幕藩体制のあとの明治政府にとって、国民全体を視野に入れて教育体制を確立することは大事業の一つだった。学制が定まるまでには紆余曲折があり、新村出が生まれた明治9年は、その途上だった。新村は小学校は卒業しておらず、佐原の漢学塾で3年間、親元離れて学んだ。そのあとの、発足したばかりの旧制中学では、一転英語中心の教育を受け、 文学青年でドイツ語をよく学んだ一高時代を経て、東大の博言学科に入り、多くの言語を身につけた。その過程を紹介する。現在とは全く違う、定型的・単線的でない過渡期の教育環境が、博い知識をもたらしたとも思われる。
    • 2年間のヨーロッパ留学を経て確立した学風は、歴史主義的なものであった。これが『広辞苑』などの国語辞書編纂に向かう要因でもあった。その言語観は、昨年の講座で話された、田中克彦先生のものと、かなり違うことが感じられるであろう。

・この講演会は研究院長裁量経費助成事業。終了後講師を囲んで討論会。
・どなたでも、講演会も討論会も歓迎です。ご自由にご参加ください。

◆平成30年度 新村出賞などの贈呈式と 学術講演会のお知らせ

平成30年度新村出賞、新村出研究奨励賞、刊行助成金の贈呈式ならびに学術講演会を
下記の通り行います。
贈呈式、講演会とも公開で行います。
入場は無料です。
一般の皆様のご来場をお待ちいたします。

  • 日時 平成30年11月23日(金曜日・祝日)14時30分より
  • 場所 御所西 京都平安ホテル(京都市上京区烏丸通上長者町上ル 075-432-6181)。
    会場への地図は→ 新しい窓へこちら
  • 第1部 贈呈式 14時30分~16時
    • 平成30年度新村出賞、新村出研究奨励賞、刊行助成金の贈呈
  • 第2部 学術講演会 16時~17時
    • 演者 吉野政治(新村出記念財団理事・同志社女子大学特任教授)
    • 演題 「植物と日本文化」

皆様のご来場をお待ちいたします。

なお新村出賞等の受賞者は10月末に決定の予定です。
決まり次第、本ホームページ上でお知らせいたします。

◆向日庵の講演会「寿岳文章の生きた軌跡と新村出」

英文学者、和紙研究家と知られる寿岳文章ら寿岳家に人々の居宅に設立されたNPO法人「向日庵」では、講演会「寿岳文章の生きた軌跡と新村出」を開きます。

  • 講 師…新村 恭 氏(公益財団法人 新村出記念財団 重山文庫)
  • 日 時…平成30年9月29日(土) 午後2時~午後4時
  • 場 所…長岡京市中央生涯学習センター,バンビオ1番館 6F創作室(JR東海道線長岡京駅西口)
  • 参加費…向日庵の正会員,無料。友の会会員,資料代として500円。一般の方,資料代として1,000円
  • 定 員…60名。予約不要
  • 問合せ…090・7555・8497(中村)
  • くわしくは「向日庵」のWebで「講演会開催のお知らせ」→こちら
  • 案内のチラシ(PDFファイル)→こちら(ファイル名:kouenkai0929)。
    ↓(画像)
    寿岳文章の生きた軌跡と新村出